コミュニケーション

看護師の仕事は主に医師の診察の補助、患者の日常生活の介助でありますが、いずれも医師と患者の仲介役となってきます。看護師が働く場所は病院には留まらず、老人ホームや幼稚園、普通の一般企業やイベントスペースなど多岐にわたりますが、いずれも欠かせないのが患者とのコミュニケーションです。どこの場所でも患者、またはそれになり得る人とのコミュニケーションを取ることもひとつの仕事になってくるので、対人スキルというのはかなり重要なものになってきます。純粋に医療を施したいのであれば、医師のほうが向いていると思うので、看護師になったからにはやはりコミュニケーションも取っていくことが大事です。特に入院病棟では入院生活が長い人もいるので、外出も出来ず食事も制限がある患者にとって何が娯楽となり得るかというと、やはり人とのコミュニケーションを取ることだと思います。患者同士仲良くなってそういうこともありますが、毎日接する看護師ともコミュニケーションを取ることが出来ないと、仕方ないとはいえ日々身の回りの世話をしてくれるのも嫌になってきてしまうと思います。人間同士ですから、多少なりとも相性というものがあります。ですので、いくら仕事と割りきっても嫌だな、と思う相手も中にはいるでしょう。患者側もそう思ってしまうことは当然あるようで、担当の看護師を変えてくれ、という要望はわりと多い話です。ですのでそういったこともある、と割りきって積極的にコミュニケーションを取っていくことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website