現場にあった制服を着る

最近は看護師の制服も代わり、ワンピースタイプの看護服を着ている看護師は受付や外来のみで随分と少なくなりました。病院によっては全員がパンツスタイルの看護服を着ているところもあり、実用性を重視していることが伺えます。

活動の場が、屋外やサッカー場・イベント会場などになると、ほんとにスポーティな格好で、エマージェンシーさながら、キリットした印象を受けます。あの姿をちゃんんと、看護師さんなんだよと教えて、看護師に憧れるこどもが増えたらいいなと心底思いました。

制服が違うだけなのですが、パンツスタイルの看護師は足元に気を使わなくなるのか歩き方が男性的で、特に急ぎ足で歩く方が多くとても颯爽とする。これが従来のワンピースだとけぜわしく感じる。男性看護師であれば大股でどんどん院内を歩いてもそれほど違和感はないのですが、やはり女性看護師が同じことをすると雑なイメージに変わってしまいます。着るものって大事ですね。

患者さまは、よく看護師を観察しています。男女ともに、待合に居る患者さんを気ぜわしく感じさせない行動を心がけることが大事ですね。着るものでこんなに印象が変わるとは、思いませんでした。

看護師さんに求めるものあるいは理想というものは、清潔さ・機敏さ・信頼ではないでしょうか。特に急性期病院ではどんな場面であっても機敏さを求めてしまいます。病院全体で患者・患者の家族など関係者からの目線に気をつけてほしいと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website